矯正歯科に通う最適なタイミングは

矯正歯科に通う最適なタイミングは

歯列の矯正は早い段階でおこなったほうがいいとされています。
子どものころから歯の矯正を開始しておくと、抜歯などで身体に無理な負担をかけることなくできたり、治療にかかる時間も短くなる傾向にあることなどが理由です。



矯正歯科に通うタイミングについては、子どもの歯の成長段階により個人差はありますが、3歳程度になれば治療をはじめても問題ありません。

小児の歯列矯正は基本的に2期に分かれて行うのが普通で、まず1期目の段階であごの骨のバランスを整える骨格矯正を行います。

骨格を矯正するとなれば、まだ骨が軟らかい状態にある幼児の段階で始めたほうがよく、この点も早いうちから矯正をはじめておいたほうがいい理由の一つとなります。

All Aboutの正しい情報はこちらです。

また年齢の若いうちに土台をしっかりと整えておけば、本格的な歯列の矯正段階となる2期目の治療において部分的な矯正で済むことが多いほか、2期目の歯列矯正そのものが必要ない状態になることもあります。

永久歯がきちんと生えてくるスペースがあらかじめ確保されることで、抜歯をしなくても歯列の矯正が可能になることも、早いうちから矯正をはじめるメリットといえるでしょう。
ただ矯正歯科で本格的な治療に取り組むタイミングは、それぞれの歯の状況によって個人差があります。

初めてでもわかりやすい、渋谷の矯正歯科情報探しに特化した総合サイトです。

なかには永久歯が生え揃ってからのほうがいい場合もありますので、まずは矯正歯科の医師の診断を受け、見解を聞いたうえで治療に取り組むかどうか判断するのが基本です。

Copyright (C) 2015 矯正歯科に通う最適なタイミングは All Rights Reserved.