インプラントについて

インプラントについて

年齢を重ねて歯が使えなくなったとき、歯のかわりとなるものが必要となります。

取り外し可能な人工の歯である入れ歯が有名ですが、その他に失った歯の両側の歯に橋をかけるように冠をつけるブリッジや、葉の根の代わりとなるチタンの棒を骨に埋め込んでその上に歯をかぶせるインプラントという方法があります。

全部の歯を失ったら総入れ歯が、数本なら部分入れ歯やブリッジで対応することになります。



ただ、インプラントなら1本からすべての歯までさまざまなケースに対応できるのです。

入れ歯などと違って留め具が見えることもないので見た目も美しいです。

お手入れ方法も自分の歯と同様に歯ブラシや歯間ブラシなどでできます。



髪心地や噛む力、味覚も天然の歯と変わらない状態なのです。
ただ、インプラントの場合、他と違い部分麻酔を使用した外科処置が必要となります。
治療の回数はそう変わらないものの、治療期間がかかります。

骨とくっつのを待つ期間などが必要だからです。最低でも3ヶ月はかかるのです。

また、保険対象外のため費用も高く、30万円から50万円程度はかかります。

これだけの金額と期間をかけてもすべてのインプラントがきちんと骨と付くわけではありません。

信頼できる医者選びなども大切です。

NAVERまとめの情報収集ができます。

ただ一度あごの骨と結合するとしっかり安定し、自分の歯と変わらない仕上がりとなります。歯周病に気をつけるなどお手入れを怠らないようにすれば何十年も天然の歯と変わらないように使用することができるのです。

Copyright (C) 2015 インプラントについて All Rights Reserved.